グルコサミンの種類

サプリメントに使われるグルコサミンには、グルコサミン硫酸塩、グルコサミン塩酸塩、発酵グルコサミン、Nアセチルグルコサミンの4種類があります。どのように製造されているかで吸収率や体内での働きが違います。

グルコサミン硫酸塩は、カニやエビの甲羅を硫酸で加水分解したものです。グルコサミン塩酸塩は、カニやエビの甲羅を塩酸で加水分解したものです。グルコサミン塩酸塩の方がグルコサミン硫酸塩よりも分子が小さく吸収がよいです。

発酵グルコサミンは、植物を原料にして微生物の発酵の力で作った植物キチンから得られる成分です。

Nアセチルグルコサミンは、自然界や人間の体内に存在するグルコサミンに似たものです。非常に小さな粒子をしていて、グルコサミン塩酸塩よりも吸収率がよいで
す。

4つの中でもっともよいのは、Nアセチルグルコサミンです。グルコサミンを摂取しても腸で吸収されなければ体内で利用できず意味がありません。吸収率がよく、人間が持つグルコサミンと似ているので、体内で利用しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>